敏感肌 アトピー

MENU

敏感肌とアトピー肌の違い?

 

敏感肌=アトピー肌と思ってない?

 

敏感肌とアトピーって凄く似てるよね?
似てるけど違うんだ。

 

敏感肌とアトピー肌の違いを教えるね。


アトピー肌とは?

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)とは?

 

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)

肌バリアの形成に関わる遺伝子の異常が大きく関わっており、セラミドの産生量が少ないため健康な肌に比べて肌バリアが極端に脆く外部刺激を受けやすいため炎症が起きやすい肌のことなんだ。乾燥肌が悪化した敏感肌にアトピー素因が重なって発症する慢性の皮膚炎になるんだ。

 

アトピー性皮膚炎は、先天的な要因(アトピー因子)が一番の誘因になってるんだけど、最近は大人になってから発症する成人型アトピー性皮膚炎も増えていることもあって、後天的な要因(ストレス、スキンケア、生活環境etc)の影響も無視できないんだ。

 

乾燥肌や敏感肌だと思ったら実はアトピー性皮膚炎だったこともあるから、現代社会ではアレルギー体質でなくてもいつ発症するかわからないと思っていたほうがいいよ。

 

乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎に共通するのは、肌のバリア機能が低下しているということ。

 

セラミドが不足してバリア機能が機能していない状態だからセラミドを外側から補う保湿が効果的なんだ。

アトピー肌に効果的な保湿方法とは?

ここまでアトピー肌について解説してきたけど、ここで気になるのは保湿方法じゃないかな?

 

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)に効果的な保湿方法とは?

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)と聞いたら、子供がなる皮膚病だと思ってる人が多いんじゃないかな。
でも子供だけが発症するわけじゃないとさっき言ったよね?
もしアトピー肌(アトピー性皮膚炎)だと思ったときにどうしたらいいか。

 

それは保湿をすること。

 

じゃあ具体的にどんな方法だったらいいのか?が気になると思う。
そこで効果的な保湿方法を教えるね。

 

一番いいのはワセリン!
ワセリンという言葉は聞いたことあるんじゃないかな。
ワセリンは石油を分留して得られる複数種のアルカンからなる軟膏基剤のこと。
白色ワセリンが普及した最大の理由が医療品としての安定性大きな副作用が少ない肌の保湿効果を高めるということがあるんだ。

 

アトピー性皮膚炎の乾燥する肌を守るために有名な保湿剤が「ワセリン」で、アトピー状態の皮膚は皮脂不足による乾燥でバリア効果が弱い為、雑菌などが進入しやすい状態になってるんだけど、この皮脂不足をワセリンがカバーしてくれるのがワセリンです。
ワセリンは副作用がなく、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く使われてるんだ。

 

ワセリンは病院でも処方されることがあるし、実際使った人がアトピーが治ったという声もあって安心だよ。
ドラッグストアなどで「白色ワセリン」という表記で売ってるので、乾燥が気になる人やアトピー肌の人、健康な人でも予防になるのでぜひ試してみてね。