敏感肌 日焼け止め

MENU

日焼け止めによる肌トラブル

 

日焼け止めで肌トラブルを起こしたことがある方はたくさんいるんじゃないかな?
日焼け止めは夏の必須アイテムで、人によっては紫外線で肌が赤くなってヒリヒリする人もいるよね。

 

僕も夏は紫外線で肌が赤くなってヒリヒリするんだ。
だから夏は日焼け止め必須なんだ。
この日焼け止めも肌に合う合わないがあると思うんだ。

 

日焼け止めについて解説していくね。


日焼け止めの表記

みんな一度は日焼け止めをドラッグストアなどで買ったことあるよね?
その時に何を見て選んでる?

 

パッケージにSPF50+とかPA+++とか表記があるよね。
これについて解説していくね。

 

SPFとは?

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略日本語では紫外線防御効果を意味するんだ。これはサイバーンという肌が赤くなる日焼けの原因になる「紫外線B波(UVB)」を防ぐ指標として使われるんだ。
数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高くて、最大50+(SPFが51より大きい)と表示されるんだ。
だけど、日焼け止めをきちんと塗っていないと表示されている数値どおりの効果を発揮させることはできないんだ。
塗り方が薄かったり、塗り方にムラがある場合は充分な効果を得られないから注意が必要だよ。

 

PAとは?

PAとは、「Protection Grade of UVA」の略。その名の通り紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の程度を表す指標なんだ。
これまでは「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階だったけど、測定方法と表示方法の改定に伴って「PA++++」を加えた4段階に分けられるようになったんだ。
+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなっているんだ。この紫外線A波(UVA)はシミやしわの発生に大きく関わっているといわれているんだ。
紫外線A波は波長が長くて、肌の奥まで到達して様々な影響を及ぼすんだ。
雪や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので曇りの日も日当たりのいい家の中でもしっかり紫外線A波(UVA)を防ぐことが必要なんだ。

 

 

SPFやPAのことはわかったかな?
次は選ぶコツを教えるね。

日焼け止めの選び方

日焼け止めは自分に合った商品を選ばないとダメなんだ。
SPFも数値が高いほうがいいし、PAも+がついてるほうがいいって言うけど、自分の肌に合ってなかったら意味がないから注意してね。

 

僕も敏感肌で毎年日焼け止めを買うときに注意してることがあるんだけど、それを教えるね。
僕の肌は日焼け止めを塗っていても塗っていなくても紫外線に弱くて、どっちにしても赤くなりやすいんだ。
SPFは30くらいのものでPAも+++くらいの商品を選ぶようにしてるんだ。
敏感肌だからこういう刺激にも弱いんだ。
でも、敏感肌の人が必ずしもSPFが強いのがダメってわけじゃないよ。

 

値段を気にする人は多いよね。
高いから肌トラブルを起こしにくいと思っている人がいるなら、それは大間違いだよ。
値段が高いからいいってわけではない。
大切なのは自分の肌に合っているかどうか。
高いお金を出して買ったのに肌に合わなかった、というのはもったいないよね。
日焼け止めを塗っているから安心というわけじゃないから僕は夏でもパーカーを着るんだ。

 

日焼け止めを塗っていても安心なわけではないから、日傘をさしたり、帽子を被ったり、という工夫は必要だよ。
顔や腕、足などは塗っていて大丈夫かもしれないけど、頭皮は塗っていないから必ず日傘をさしたり帽子を被ったり意識したほうが体のためだよ。
なぜかというと、最近は地球の周りを覆っているオゾンが紫外線によって、薄くなってきてるから紫外線もだんだん強くなってるんだ。
だから一緒に気をつけようね。

意外と知らない日焼け止めの役割?

日焼け止めに役割なんてあるの?!と不思議になってない?

 

実は意外と知らないよね。
日焼け止めに役割があるなんて。
僕も日焼け止めを使い始めたころは知らなかったよ。

 

日焼け止めは女性にとってはなくてはならない存在だよね。
その日焼け止めが自分の肌に対してどんな働きをしているか知らない人が多いんじゃないかな?

 

紫外線はみんな知ってる通り、太陽から降り注ぐ光の一種なんだ。
だから紫外線から肌を守るには、紫外線が肌の奥に侵入する前に日焼け止めを塗って物理的に反射したり、紫外線を吸収して他のエネルギーに変えたらいいんだ。
こうして日焼け止めの成分である紫外線防止剤には、紫外線を反射するタイプの「紫外線散乱剤」と、紫外線を吸収するタイプの「紫外線吸収剤」があるんだ。

 

肌に日焼け止めを塗ると肌の表面に薄い膜のようなものが日焼け止めになって、その日焼け止めが紫外線をカットしてくれるんだ。

 

 

だから日焼け止めを選ぶ時は肌を守ってもらうものだからきちんと自分の肌に合ったものを買うようにしてね。

日焼け止めの正しい使い方

これも意外と知らない日焼け止めの正しい使い方。
せっかくTPOに合った日焼け止めを選んでも使い方を間違えると充分な効果は期待できないんだ。
日焼け止めの効果を引き出す正しい使い方を教えるね。
ポイントは4つあるんだ。

 

@肌にムラなくのばす
リキッドタイプの場合、少量ずつ手のひらにとってから、肌にムラなくのばして使うことが大切なんだ。塗りムラがあると日焼け止め効果が落ちちゃうんだ。

 

Aこまめに塗りなおす
海やプール、大量に汗をかくスポーツ時などに日焼け止めを使う場合、その効果を保つためにこまめに塗りなおす必要があるんだ。特に、海やプールから上がった後のカラダをタオルで拭いた後や、スポーツ後に汗をぬぐった時などは、塗りなおしを忘れないようにね。

 

B肌に合ったものを選ぶ
日焼け止めに使用される成分により、肌に合わないなどのトラブルをおこすケースも以前はあったけど、現在は製品改良が進んでいてこんな肌トラブルを引き起こしにくい低刺激性タイプがたくさん出てるから大丈夫だよ。だけど、長時間素肌に直接使うものだから自分の肌に合ったものを選ぶことが大切だよ。特に、化粧下地に使う場合は、白残りしにくい肌なじみがいいものを選んでね。

 

C使用後はキレイに洗い流す
日焼け止めの昨日が向上して、以前に比べて耐水性が高くなったけど、その反面少し拭いたくらいでは取れないようになってるんだ。だから落とすときは、洗浄料で丁寧に洗い流したり、クレンジングシートでキレイに拭き取るようにしてね。

 

 

この4つのポイントをしっかり守って、紫外線による肌のダメージと日焼け止めによる肌トラブルを起こさないようにしようね。