敏感肌 手荒れ

MENU

手荒れとは...?

手荒れとは、手や指の肌が乾燥して肌のバリア機能が低下、あるいは破綻している状態で、寒い冬は特になりやすい。冬は、皮膚の新陳代謝が低下したり汗をかく機会も少ないからバリア機能も万全ではない。それに、手の皮膚は皮脂を分泌する皮脂腺の分布が少ないから他の部分に比べて肌表面の角質層はダメージを受けやすいんだ。

 

手荒れは自然に治ることもあるけど、「忙しいし仕方ない」、「冬だから....」と放っておくとガサガサしていたところがかゆみを伴って、しまいにはパックリヒビが入ってしまうことがあるんだ。
とくに、水仕事や指先を使うことの多い方やアレルギー体質の方に多く見られるんだ。

 

手荒れには進行段階があって、主に5つに分けられる。

 

・初期…指先が軽くカサつく

 

・注意期…手全体にカサつきが広がる。指紋が消え、皮がむけたり、軽いひび割れが発生。

 

・進行期…肌がごわつき、ひび割れる。赤みが目立ったり、ところどころ血がにじむ。

 

・重症期…赤く腫れてかゆみをともなう。割れると痛みを伴い、出血する。

 

・最重症期…かゆみも痛みもひどくなる。水膨れが見られ、指が曲げにくくなる。

 

この5つに分けられるけど、初期の段階で皮膚科に行くと治るといわれているんだ。

手荒れの原因

手荒れの原因は私たちの日常の中にたくさんある。
水仕事やシャンプー、手洗いなどが大きな原因として挙げられるんだ。

 

また、職業別に見ると、水仕事の多い主婦や美容師、飲食業、日々紙幣を扱う銀行員、手洗いや消毒の頻度の高い医療従事者などに多く見られるんだ。食器用洗剤は油汚れと同様に肌の皮脂膜も根こそぎ落としてしまうし、冷たい水よりは温かいお湯の方が、必要な皮脂膜が失われやすい。手洗い後のアルコール消毒は、アルコールの揮発と一緒に肌の水分も失われてしまって、乾燥・肌荒れに拍車をかけていることになる。

 

通常、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される水分とが混ざり合って乳化した皮脂膜が、お肌を保護しているんだ。だけど、繰り返し水や洗剤、アルコールや紙幣などの刺激にさらされることで皮脂膜のバリアが破られて角質層にダメージを与えることで手が荒れて、進行していくんだ。

 

 

他にも手荒れの原因はあるんだ。頻繁に水やアルコールに触れることがなくても他の何かが刺激となっている場合もあるんだ。例えば、PCのキーボード操作や書類や本などの紙類に多く触れる、衣類を干したり畳んだりと布類を頻繁に扱う、などによっても肌の皮脂膜が奪われ、手荒れを引き起こす原因といわれているんだ。
また、手荒れの予防によいと思って、ゴム手袋をつてけ作業をすると、水や洗剤などによる手荒れを予防できるけど、手袋のゴムにかぶれて手荒れを引き起こすこともあるんだ。

 

 

でも、人はほとんどのことを手や指を使って行うことを考えるとある程度は仕方のないことかもしれない。日々の生活の中で無理なくできる範囲内で気をつけてほしいな。

手荒れの治し方

美容師などの職業によっては薬剤を扱うことで手荒れを起こすことがあると思うけど、その場合は病院に行くことを勧めるよ。
それ以外の、水仕事や乾燥による手荒れの場合は対処法があるよ。

 

・水仕事による手荒れの場合

 

食器洗いの洗剤を変える
毎日の食器洗いで手にダメージを与えないためにも合成洗剤の使用は控えて、手に負担のかからない洗剤を使おう。
もし、洗剤を変えたくないと思っているなら、ゴム手袋やビニル手袋を使おう。

 

水または、ぬるま湯を使う
適温は、32〜35度。水仕事をする際は、手の潤いを守るためにも熱いお湯は使わずに、水またはぬるま湯を使うようにしよう。
熱いお湯は肌の皮脂膜を失いやすいんだ。
手荒れを防ぐには熱いお湯ではなく、水かぬるま湯を使おう。

 

・乾燥による手荒れの場合
乾燥による手荒れの場合は、まずは手が乾燥しやすい状態を防いであげること。

 

手を洗いすぎない
手を清潔にしようと必要以上に洗うことによって、手の油分は奪われて乾燥してしまう。
乾燥してしまった手は荒れ、ひび割れた角質から雑菌が侵入してしまう。
だから、過度な手洗いは避けて、外出から戻った時やトイレの後など本当に必要なときにしっかりと手を洗おう。
手を洗った後はしっかりと拭いてね。
頻繁に手を洗う癖がついている方は手を洗うのではなく、除菌ジェルを使うなどの工夫をしよう。
ただし、除菌ジェルも使いすぎると乾燥の原因になるから気をつけてね。

手荒れのケア方法

手荒れの治し方で教えた対処法に加えて、すでに荒れている手にはケアが必要なんだ。
そのためには、手荒れにいいハンドクリームをしっかり塗ろう。
でも、肌に合っていないハンドクリームはダメだからちゃんと自分の肌に合ったハンドクリームで手荒れにいいハンドクリームを選ぼう。

 

選び方の基準として挙げられるのが、手を保湿してくれるひびやあかぎれに効く成分が入っているということ。
・ひび、あかぎれにおすすめの成分
 ・アラントイン
 ・グリチルレチン酸
 ・バンテノール
 ・グリチルリチン酸

 

ひび・あかぎれに良い成分はこれだけじゃないんだけど、代表的なものがこれなんだ。

 

・手袋をつけるとより保湿力がアップ
夜、ハンドクリームを塗った後は手袋をして寝ると保湿力がアップするんだ。
なぜ、手袋をつけると保湿力がアップするかというと、ハンドクリームを塗った後に手袋をつけることで手袋がラップと同じ働きをしてくれる。
だから、ハンドクリームが肌にしっかり密封されるから肌に浸透して、翌朝のしっとり感が高まるんだ。

 

通気性がよくて、サラリとした使い心地でおすすめなのは、シルクの手袋。
つけていても気にならないし、カラーが豊富で、寝ている間も脱げにくい手袋なんだ。

ハンドクリームの選び方

さっき自分の肌にあったハンドクリームを選んでね。といったけど、基準がよく分からないと思うんだ。
そんな時は、自分が使っている化粧品メーカーやアレルギーを起こす成分が入っていないハンドクリームを選ぶことが大切なんだ。
ハンドクリームだけが解決策ってわけじゃないけど、参考にしてね。

 

おすすめはディセンシアのハンドクリーム。
ディセンシアつつむにはハンドクリームがあるんだ。ディセンシアって化粧品だけじゃないの?って思ってるよね?ディセンシアつつむに限らず、化粧品だけではないんだ。もちろん、肌に合わなかったら意味がないからトライアルセットでディセンシアのトライアルセットを使ってみることを勧めるよ。

 

ディセンシアつつむ

【バリア機能をサポート】つつむトライアルセット

 

ディセンシアつつむにはハンドクリームもある!ディセンシアは化粧品が有名だから知らないのは仕方ないかもしれないけどハンドクリームもあるんだ。
でもまずは、ディセンシアつつむが肌に合うかどうかが大切だからトライアルセットを試してからのほうがいいよ。

 

 

   【通常使用】つつむトライアルセット
  >>ディセンシアつつむお試しはコチラ<<